橘蟻一郎の道中六軒

やりたいことが多すぎ、時間足りん

踏み台昇降再び

夕飯の献立

ぶり大根
豚タンの塩焼き

皮算用

とりあえず今月から頑張ってみよう

感想続き

トリニティセブン16巻
・・・今更だがインフレを重ね、何処へ行くのやら
映画何やんの
思い出したように入る入浴シーン。もうよくね?
主人公は前巻から3Pの続き。緊張感ねえな・・・
そして思い出したように入る研究テーマ。そんなんあったなとしか



ダンジョン飯4巻
ついにダンジョン探索の目的、レッドドラゴンと対峙する!
てなわけで丸々戦闘
最初から戦いにならないとして策を練るも、早々に失敗でアドリブ戦スタート
・・・
この世界の”逆鱗”は致命の弱点なのね
かなり日数経ってたしそうだろうとも思ったが、目の当たりにするとくるなこれは
具体的には鋼の兄弟がやりたかったやつ
そしてヤバい方法・・・次巻以降ややこしい事態になりそうね
シリアスもいいけど調理風景も忘れないでと



からかい上手の高木さん5巻
冒頭には騙され・・・いやからかわれた!
賛否両論わかるが個人的にはアリ
最終的に目指してるところを先に形にされたようなもんで
如何にプロポーズさせるか、が目標ではないかと

少しずつ変化してる作りが非常に良い
西片はもちろん、ついに高木さんの動揺がわかるシーン
看破されてないだけでセリフの端々緊張してるのだろうか、と思ったらニヤニヤ加速
バレンタイン話のカラー版読んだが、他掲載あるのかなあ



ゴブリンスレイヤー2巻
エルフ・ドワーフリザードマン登場
あまり偏見なく最初からかなりフレンドリーな異種族である
前巻にあった、PT全滅→その後の緻密な描写な話はなくなり
急ごしらえでPT組んで大掛かりな討伐戦
この世界におけるボスクラスとか、黒幕につながりそうなセリフ吐いてたけど
我らがゴブスレさんには知ったこっちゃないのであった

ただ一人でも行ったろうが、今回PTだから成り立った戦闘よね
女神官ちゃんが読者寄りなのでたまに見せる不器用な扱われ方が一服の清涼剤



★Sレア装備の似合う彼女3巻
キャラ増えて誰が誰だかわからなくなってきた
海に行ってスク水多め、触手もリョナも多め
掲載分ラストページでドン引きしたのだがアレ大丈夫か?



つぐもも19巻
トーナメント開始、ひたすらバトル
・・・
あとがきで作者も書いてるがそっちの描写が足りん!
しかも4月からアニメ化だっていうのに
メインヒロインの桐葉さんにくくり様がいないっていう
(厄介なことに物理的に不在だから再登場にも幾つか山場が必要
1冊で6試合終えてイーブン、次巻は織小花で一敗、狐面勝利も正体バレとみた
んで大将対決のくだりで復活の兆しみたいな何かと

ところで個人的にメインヒロインは和服あざみ
さてアニメはどこまでやるやら

広告を非表示にする